ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 教育 > 社会教育 > 第3回企画展 市制施行50周年記念事業「八千代 三万年の足跡」

第3回企画展 市制施行50周年記念事業「八千代 三万年の足跡」印刷用ページ

2017年9月1日 更新

八千代の地に人々の最初の足跡(そくせき)が記されて今日まで、約三万年以上が経過しました。市制50周年を機に、これまでの主な出来事を紹介し、八千代の歴史を改めて見つめ、未来を考える機会とします。

ポスター

展示期間

10月3日(火)~11月26日(日)

開館時間

午前9時~午後4時30分

休館日

  • 月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、次の平日が休館)
  • 年末年始(12月26日~1月4日)

ポスター・チラシ

関連行事

第3回企画展関連講演「村から見た近世の八千代」

  • 内容 江戸時代の八千代の村々について、国立歴史民俗博物館 館長の久留島 浩氏にお話しいただきます。
  • 定員 先着100人
  • 日時 10月15日(日)午後1時30分~3時30分
  • 申し込み 電話か直接当館窓口へ

企画展ギャラリートーク

  • 日時 10月8日(日)、11月3日(金・祝)・18日(土) 午後2時~
  • 申し込み不要

このページに関するお問い合わせ

八千代市 郷土博物館
〒276-0028 千葉県八千代市村上1170-2
電話番号: 047-484-9011