ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > ごみ・衛生 > ペット・動物 > 狂犬病予防法・千葉県犬取締条例(抜粋)

狂犬病予防法・千葉県犬取締条例(抜粋) 印刷用ページ

2013年4月1日 更新

狂犬病予防法(抜粋)

第4条  犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあっては、生後90日を経過した日)から30日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地を管轄する市町村長(特別区にあっては、区長。以下同じ。)に犬の登録を申請しなければならない。ただし、この条の規定により登録を受けた犬については、この限りでない。
 
2  市町村長は、前項の登録の申請があったときは、原簿に登録し、その犬の所有者に犬の鑑札を交付しなければならない。
 
3  犬の所有者は、前項の鑑札をその犬に着けておかなければならない。
 
4  第1項及び第2項の規定により登録を受けた犬の所有者は、犬が死亡したとき又は犬の所在地その他厚生労働省令で定める事項を変更したときは、30日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地(犬の所在地を変更したときにあっては、その犬の新所在地)を管轄する市町村長に届け出なければならない。
 
第5条  犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。

2  市町村長は、政令の定めるところにより、前項の予防注射を受けた犬の所有者に注射済票を交付しなければならない。

3  犬の所有者は、前項の注射済票をその犬に着けておかなければならない。
 
第27条  次の各号の一に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。

一  第4条の規定に違反して犬の登録の申請をせず、鑑札を犬に着けず、又は届出をしなかった者

二  第5条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかった者

千葉県犬取締条例(抜粋)

第3条  管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合を除くほか、その飼い犬を他人の身体又は財産に危害を加えないように係留し、又は抑留しておかなければならない。
 
一  飼い犬を他人の身体又は財産に危害を加えるおそれのない場所又は方法で訓練し、移動し、又は運動させるとき。

二  警察犬、狩猟犬又は身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条第1項に規定する身体障害者補助犬をいう。)をその用途に使用するとき。

三  飼い犬を運搬の用に供するとき。

四  飼い犬を曲芸、展覧会、競技会その他これらに類する催しのために使用するとき。
 
五  ほ乳期の飼い犬を飼養するとき。

第4条  管理者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

一  飼い犬が公の場所又は他人の敷地内を汚物その他により汚染することのないように管理すること。
 
二  犬舎の内外その他飼い犬を飼養する場所は、常に汚物を処理する等の方法により清潔にしておくこと。

三  門柱、家の出入口その他他人の見やすい箇所に飼い犬のいる旨を表示しておくこと。
 
四  飼い犬が不要になったときは、知事に届け出てその指示に従うこと。

五  その他飼い犬が他人に迷惑をかけないように管理すること。
 
第5条  飼い犬が人をかんだときは、管理者は、直ちに知事に届け出なければならない。
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康福祉課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)