ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > まちの情報 > まちづくり > 住宅 > 市営住宅入居者の各種手続き(書式ダウンロード)

市営住宅入居者の各種手続き(書式ダウンロード)印刷用ページ

2017年3月21日 更新

 市営住宅の入居中に必要な申請・届出について、このページからダウンロードできます。
 申請については、審査の結果認められない場合もあります。
 詳細につきましては、お手数ですが下記担当部署までご相談ください。

入居している世帯の状況が変わるとき

状況 書類名称

子どもが産まれた場合
同居者が死亡または転居した場合
 ※入居名義人が死亡した場合は手続きが異なります

 
市営住宅同居者異動届

新しく親族を同居させようとする場合
 ※子どもが産まれた場合は手続きが異なります

 
 市営住宅同居承認申請書

入居名義人が死亡した場合
入居名義人が離婚等により転居した場合

 
 市営住宅承継入居承認申請書

氏名が変わった場合
 
改姓届

退去するとき

 市営住宅を退去するときは、退去日の5日前までに届出を行ってください。
 退去にあたっては、畳の表替え又は交換、ふすまの張り替えや割れた窓ガラスの交換など、部屋を原状復旧させる必要があり、検査があります。退去を予定している場合には、必ず担当部署にご相談ください。

家賃の減免または徴収猶予を希望するとき

 市営住宅の家賃は、収入が著しく低くなったとき、病気にかかってしまったときや、災害により著しい損害を受けたときなどに、減免または徴収猶予の申請をすることが出来ますので、お困りの際は担当部署にご相談ください。
 原則として、申請した月の翌月以降の家賃が減免または徴収猶予の対象になります。
 また、審査の結果、減免または徴収猶予に該当しない場合があります。

模様替えをしたいとき

 浴室やトイレに手すりを取り付ける場合や緊急通報システムの設置など、模様替えをしたい場合には事前に申請をして、承認を受ける必要があります。
 申請の内容が原状回復や撤去が簡単にできるもので、市営住宅の管理上支障がない場合に限り、承認を受けることが出来ます。
 なお、退去の際には原則として入居者の負担で原状回復する義務があります。
 模様替えをしたい場合には、必ず担当部署にご相談ください。

連帯保証人の情報を変更するとき

 市営住宅に入居した際に選任した連帯保証人の、住所・氏名・勤務先が変更となった場合には、「市営住宅入居者連帯保証人住所等変更届」を提出してください。

市営住宅入居者連帯保証人住所等変更届

 ※なお、連帯保証人が死亡・破産等の理由により保証することが出来なくなった場合や、連帯保証人を辞めたいとの申し出があった場合には、新しい連帯保証人を選任する必要があります。
  この場合、手続きが異なりますので、必ず担当部署にご連絡ください。

長期間不在とするとき

 入院や出張等により、市営住宅を引き続き15日以上使用しない場合(不在とする場合)には届出が必要となります。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康福祉課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)