ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 介護保険 > 要介護認定について 

要介護認定について 印刷用ページ

2016年4月1日 更新

 介護保険のサービスを利用するには、市に申請をして要介護認定を受けることが必要です。認定の結果によって利用できるサービスの種類や量が変わります。

認定の対象になる人

・第1号被保険者(65歳以上の人)…原因を問わず介護や支援が必要となった人

・第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)…次に掲げた特定疾病により、介護や支援が必要となった人
1.がん末期
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症
4.後縦靱帯骨化症
5.骨折を伴う骨祖しょう症
6.初老期における認知症
7.進行性核上性麻痺、大脳基底核変性症及びパーキンソン病
8.脊髄小脳変性症
9.脊柱管狭窄症
10.早老症
11.多系統萎縮症
12.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13.脳血管疾患
14.閉塞性動脈硬化症
15.慢性閉塞性肺疾患
16.両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

申請から認定まで

1.要介護認定の申請をします
  本人または家族が長寿支援課の窓口で申請をします。地域包括支援センターや居宅介護支援事業者などに申請を代行してもらうこともできます。

 申請に必要なもの
  ・介護保険要介護認定・要支援認定(更新・変更)申請書(PDFファイル128KB)
  ・介護保険被保険者証
  ・健康保険被保険者証(第2号被保険者の場合)

2.認定調査を行います・主治医意見書の作成を依頼します
     認定調査…市の職員などが自宅を訪問し、心身の状態や介護の状況などについて、本人と家族から聞き取りを行います。
  主治医意見書…本人の主治医から介護を必要とする原因疾患などについての記載を受けます。

3.審査・判定されます
  一次判定(コンピューター判定)の結果と主治医意見書などをもとに、保健、医療、福祉の学識経験者から構成された介護認定審査会で審査を行い、要介護状態区分  が判定されます。

4.認定結果が通知されます
  原則として申請から30日以内に、次に掲げた要介護状態区分が記載された認定結果の通知と介護保険被保険者証が郵送されます。
  ・要介護1~5 ⇒  介護保険の介護サービスを利用できます。
  ・要支援1、 2 ⇒  介護保険の介護予防サービスを利用できます。
  ・非該当     ⇒  介護保険のサービスは利用できませんが、介護予防事業や高齢者福祉サービスを利用できます。

認定の有効期間と更新の手続き

 認定の有効期間は新規の場合は6~12か月、更新の場合は6~24か月です。有効期間満了後も引き続きサービスを利用する場合は、更新申請の手続きが必要です。更新申請は有効期間満了の60日前から行えます。

要介護状態区分の変更

 認定の有効期間中に心身の状態や介護の状況が変わった場合は、要介護状態区分の変更申請ができます。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 長寿支援課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)