ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 介護保険 > サービスの種類について

サービスの種類について印刷用ページ

2016年1月1日 更新

居宅介護サービス
●(介護予防)訪問介護(ホームヘルプ)
 ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、介護や身のまわりの世話を行います。

●(介護予防)訪問看護
 訪問看護ステーションなどの看護師、保健師などが家庭を訪問して、主治医と連絡をとりながら、症状を観察したり床ずれなどの手当などを行います。

●(介護予防)訪問入浴介護
 寝たきりのお年寄りなどの家庭を、浴槽を積んだ入浴車で家庭を訪問し、入浴の介助を行ないます。看護師などが健康チェックも行ないます。

●(介護予防)訪問リハビリテーション
 医師の指示に基づいて理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーションを行います。

●(介護予防)通所介護(デイサービス)
 日帰り介護施設(デイサービスセンター)において、入浴、食事の提供などの日常生活上の世話、機能訓練などが受けられます。
 食事の提供を受けた場合の食費(調理に係るコストや食材料費等)については自己負担となります。

●(介護予防)通所リハビリテーション(デイケア)
 医療施設や介護老人保健施設などに通い、理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションなどが受けられます。
 食事の提供を受けた場合の食費(調理に係るコストや食材料費等)については自己負担となります。
 
●(介護予防)居宅療養管理指導
 医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して、医学的な管理や療養上の指導を行ないます。

●(介護予防)短期入所介護(ショートステイ)
 短期間施設に宿泊しながら介護や機能訓練などが受けられます。※日常生活上の介護を受ける「生活介護」と医療上のケアを含む介護を受ける「療養介護」の2種類があります。
 また、介護保険施設における、食費・居住費(滞在費)が保険給付の対象外となることから、短期入所についても施設入所の食費・居住費と同様の取扱となります。(補足給付を受ける場合も同様の取扱となり、申請が必要となります)

●(介護予防)福祉用具貸与
 心身の機能が低下して日常生活に支障がある人の自立を支援 するためのベッド(特殊寝台)、車いす、歩行器などを貸し出します。なお、ベッド、車いす等は、原則「要介護2」以上でなければ、保険給付が受けられませんが、例外的に「要介護1」以下でも認められる場合がありますので、ケアマネジャーにご相談ください。
 軽度者に対する(介護予防)福祉用具貸与の例外給付の確認依頼書(PDFファイル 114KB)

●特定(介護予防)福祉用具購入費
 腰掛便座/入浴補助用具/特殊尿器/簡易浴槽/移動用リフトのつり具の部分の購入費を支給いたします。支給額は年間10万円まで(うち1割または2割は自己負担)
 福祉用具購入費支給申請書(PDFファイル 158KB) 

●(介護予防)住宅改修費
 住宅の手すりの設置、段差の解消、滑り防止のための床材または通路面の材料の変更、引き戸など扉の取替え、和式便器から洋式便器への取替えの小規模な改修に対して、その費用を支給いたします。支給額は1軒あたり上限20万円(うち1割または2割は自己負担)まで(ただし、一度介護保険による住宅改修の給付を受けた後、要介護状態が3段階以上上がった場合、及び転居した場合等は再度利用可能です。)
 住宅改修を行う場合は、必ずケアマネジャーに相談し、工事着工前に所定の住宅改修費支給申請書(PDFファイル 159KB)に、見積書・住宅改修が必要な理由書(PDFファイル 132KB)(ケアマネジャー等が作成)・改修前の写真・住宅所有者の承諾書(持ち家の場合(PDFファイル 55KB、賃貸住宅の場合(PDFファイル 74KB))を添付して、長寿支援課に申請してください。また、工事完了後には、領収書・工事費内訳書・改修後の写真を長寿支援課に提出してください。

●(介護予防)特定施設入居者生活介護(介護付有料老人ホームなど)
 (介護予防)特定施設入居者生活介護の指定を受けた有料老人ホーム、ケアハウスなどに入所している人も、介護サービス計画に基づき、入浴、排せつ、食事などの介護、その他の日常生活上の世話、リハビリテーションおよび療養上の介護を受けられます。

地域密着型サービス
 住み慣れた地域を離れずに利用できるなど、利用者のニーズにきめ細かく対応するためのサービスです。利用者は原則市の住民に限定され、市が事業者の指定・監督を行います。
●小規模多機能型居宅介護
  小規模な住居型の施設で、通いを中心としながら訪問、短期間の宿泊などを組み合わせて食事、入浴などの支援が受けられます。

●(介護予防)認知症対応型通所介護
  認知症の高齢者が食事、入浴などの介護や支援、機能訓練などが日帰りで受けられます。

●(介護予防)認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  認知症の状態にあり、要介護認定を受けたお年寄りが少人数で共同生活をし、家庭的な雰囲気の中で、食事、入浴、排泄など日常生活の支援や機能訓練などが受けられます。

●定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回型訪問と随時の対応サービスを受けられます。

●複合型サービス
  小規模多機能型居宅介護と訪問看護を組み合わせたサービスです。ニーズに応じて柔軟に医療ニーズに対応した小規模多機能型居宅介護を受けられます。

●夜間対応型訪問介護
  ヘルパーによる夜間の定期的巡回訪問や、通報による随時対応の訪問を行います。

●地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  つねに介護が必要で自宅では介護ができない人を対象として、定員30人未満の小規模な施設で食事、入浴などの介護や健康管理を受けられます。

●(介護予防)地域密着型特定施設入居者生活介護
  定員30人未満の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで食事、入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

施設サービス
●介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 食事や排泄などで常時介護が必要で、自宅では介護が困難なお年寄りが入所します。食事、入浴、排泄などの日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行います。

●介護老人保健施設(老人保健施設)
 病状が安定し、治療よりは看護や介護に重点を置いたケアが必要なお年寄りが入所します。医学管理下での介護、機能訓練、日常生活上の世話を行ないます。

●介護療養型医療施設(療養型病床群等)
 急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とするお年寄りのための医療機関の病床です。医療、療養上の管理、看護などを行ないます。

介護保険事業者については、「八千代市介護事業者情報検索システム」をご覧ください。
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 長寿支援課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)