ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 高齢者医療 > 届出が必要な場合

届出が必要な場合印刷用ページ

2016年4月1日 更新

 下記のような場合は必ず国保年金課まで届出してください。
 

この様な場合 届出に必要なもの
千葉県外から転入してきたとき
  • 負担区分証明書
    (転出の際に市区町村の窓口で発行されます。)
他市町村へ転出するとき
  • 保険証
  • 印かん
生活保護を受けるようになったとき
  • 保険証
  • 印かん
  • 保護決定通知書(開始)
生活保護を受けなくなったとき
  • 保護決定通知書(廃止)
  • 印かん
死亡したとき
  • 死亡した人の保険証
  • 印かん
  • 会葬礼状又は葬儀の領収書等喪主の確認できる書類
  • 喪主の口座の振込先がわかるもの
保険証をなくしたり、破れてしまったとき
  • 身分証明書(免許証、パスポート等)
  • 印かん
一定の障がいがある人が65歳になったとき、または65歳を過ぎて一定の障がいがある状態になったとき
※届出は任意です(ご相談お受けします)。
  • 保険証
  • 国民年金証書、身体障害者手帳、医師の診断書など一定の障がいの程度がわかるもの
  • 印かん

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)