ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者見守りネットワーク活動

高齢者見守りネットワーク活動印刷用ページ

2017年8月24日 更新

 八千代市では、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、高齢者見守りネットワーク活動の実施について民間事業者と協力して、八千代市内の高齢者を見守る活動を実施しています。

高齢者見守りネットワーク活動とは

 協力事業者が日々の活動において、高齢者の家庭や高齢者の異変、何らかの支援を必要としている高齢者を確認したとき、市へ連絡することで、高齢者を見守っていく活動のことです。

高齢者の家庭や高齢者の異変の具体例

・郵便物や新聞が郵便受けに何日間もたまっている。
・家の照明が何日間も点灯している。
・雨戸が何日間も閉まっている。
・洗濯物が何日間も干したままになっている。
・路上を当てもなく歩いているように見える。
・配達などで会ったときに急激にやせたように見える。

協力事業者

 市では、本活動への協力事業者を募集しています。詳細は、長寿支援課までご連絡ください。
 なお、現在、本活動の実施について協力している事業者は以下のとおりです。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 長寿支援課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)