ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > くらしの出来事 > 高齢者・介護 > 高額介護サービス費の基準が変わります

高額介護サービス費の基準が変わります印刷用ページ

2017年7月25日 更新

 介護保険法の改正により、8月1日から世帯のどなたかが市区町村民税を課税されている方の介護サービスの利用者負担の上限が37,200 円(月額)から44,400 円(月額)に引き上げられます。
 ただし、介護サービスを長期に利用している方に配慮し、同じ世帯の全ての65 歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400 円(37,200 円×12 ヶ月)の上限が設けられ、年間を通しての負担額が増えないようにされます。(3 年間の時限措置)

 詳しくは「厚生労働省リーフレット(PDFファイル 324KB)」をご覧ください。

高額介護サービス費とは

 介護サービスを利用する場合にお支払いいただく利用者負担には、月々の負担の上限が設定されています。1か月に支払った利用者負担の合計が上限を超えたときは、高額介護サービス費として払い戻されます。
 詳しくは「利用料が高額になったら」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 長寿支援課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)