ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 介護保険 >  地域密着型通所介護創設に伴う本市の同意方針

地域密着型通所介護創設に伴う本市の同意方針印刷用ページ

2016年3月4日 更新

介護サービス事業者の方へ

 平成28年4月1日から、利用定員が18人以下の小規模通所介護事業所は、市町村が指定する地域密着型通所介護事業所に移行します(※1)。
 これに伴い、八千代市内の地域密着型通所介護事業所は、八千代市に住民票を置く介護保険の被保険者のみが利用できるものとなり、平成28年4月1日以降、原則として他市被保険者は利用することができなくなりますが(※2)、八千代市長が同意した場合に限り、例外的に他市被保険者が利用できるものとなります。
 当該同意に係る本市の方針は、下記添付ファイルに記載のとおりとなりますので、内容を御確認の上、今後の利用申込の調整等に当たっていただくようお願いいたします。 
 また、本市被保険者が他市に所在する事業所の利用を希望した場合の手続等についても記載しておりますので、市外介護サービス事業者の方も御確認ください。

 ※1 地域密着型通所介護に移行するのは通所介護の指定のみであり、介護予防通所介護の指定(県指定)は残りま
   す。よって、現在、仮に八千代市内のY事業所が通所介護と介護予防通所介護の指定を有している場合、平成28年
   年4月1日以降は、要介護被保険者は地域密着型通所介護として、要支援被保険者は介護予防通所介護としてY事
   業所を利用することになります。
 ※2 平成28年3月31日時点で利用契約を結んでいる他市要介護被保険者は、特例として引き続き利用することができ
   ます。なお、他市要支援被保険者は、その特例の対象ではありません。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 長寿支援課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)