ホーム > くらしの情報 > 放射線 > 給食食材放射性物質検査結果 > 児童発達支援センター給食食材における放射性物質検査の実施

児童発達支援センター給食食材における放射性物質検査の実施

ページ印刷
ページID:000008952

2018年5月11日 更新

安心かつ安全な児童発達支援センターの給食を提供するために、平成24年8月より給食食材の放射性物質のモニタリング検査を実施しています。平成26年2月からは、八千代市消費生活センターにて検査を行っています。

1.検査機関

八千代市消費生活センターに設置された検査機器を使用

2.検査方法

測定器 CAPTUS-3000A NaI(TI) シンチレーションスペクトロメータ(簡易型測定器)を用いた検査

3.検出下限値

10Bq/kg

4.モニタリングの方法

検査では、各月内に使用する食材などのうち、使用頻度や産地の変化に応じて納入することの多い食材を選び、検査機関に委託し検査を実施します。
月に1回、5検体の検査を予定していますが、検体数、検体の種類、検査回数は状況に応じて変えることがあります。

5.検査で精密検査対象食材が確認された場合の対応

放射性セシウムに関する一般食品の基準値の2分の1である50ベクレルを超える食材が確認された場合は、精密検査(ゲルマニウム測定)を実施します。

6.検査結果

お知らせ
使用を見合わせていた「れんこん」について、八千代市学校給食センターで平成25年4月16日(火)、4月30日(火)実施の検査の結果、「不検出」であったため、使用を再開します。

H30年5月10日                                                  単位(Bq/kg)
品  名 産  地 放射性セシウム
134
放射性セシウム
137
放射性セシウム134と137の
合計
しめじ 長野県長野市 不検出 不検出 不検出
ほうれんそう 茨城県鉾田市 不検出 不検出 不検出
だいこん 千葉県船橋市 不検出 不検出 不検出
キャベツ 神奈川県三浦市 不検出 不検出 不検出
たまねぎ 北海道北見市 不検出 不検出 不検出
※「不検出」とは、検出下限値「10Bq/kg」未満のこと



H30年4月12日                                                  単位(Bq/kg)
品  名 産  地 放射性セシウム
134
放射性セシウム
137
放射性セシウム134と137の
合計
ほうれんそう 千葉県船橋市 不検出 不検出 不検出
にんじん 徳島県麻植郡 不検出 不検出 不検出
こまつな 千葉県船橋市 不検出 不検出 不検出
根深ねぎ 千葉県船橋市 不検出 不検出 不検出
キャベツ 神奈川県三浦市 不検出 不検出 不検出
※「不検出」とは、検出下限値「10Bq/kg」未満のこと

 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 児童発達支援センター
〒276-0043 千葉県八千代市米本1514-1(ことばと発達の相談室:萱田2277)
電話番号: 047-488-1111(ことばと発達の相談室:047-486-9887)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.