ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 鳥インフルエンザA(H7N9)について

鳥インフルエンザA(H7N9)について印刷用ページ

2017年5月11日 更新

 中国において鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者が確認されたことを、世界保健機関(WHO)が公表しています。
 これまでのところヒトからヒトへの感染は確認されていません。詳細については、厚生労働省のホームページをご覧ください。
 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥類やその死体等に濃厚に接触した場合を除いて、通常は人に感染することがないと考えられていますが、引き続き、予防対策を心がけていただくようお願いします。

鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスの感染を防ぐために

鳥インフルエンザが流行している地域を訪れる際は、次のようなことを心がけましょう。
(※最新の情報については、厚生労働省検疫所をご覧ください)

不用意に鳥類に近寄ったり、触れたりしない
 特に、家きんが飼育されている場所や、生きた鳥を販売している市場、食用に鳥を解体している場所などに立ち入らない

○手を洗いましょう

  • 調理の前後、食事の前
  • 帰宅後
  • トイレを使用した後
  • 動物やその排泄物に触れた後            

※石けんと流水で手を洗いましょう。アルコール製剤による手指消毒も有効です。
○咳エチケットを心がけましょう
 咳やくしゃみをするときには、マスクやティッシュペーパーで鼻と口を覆いましょう。
                              

関連ホームページ

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646 ファクス: 047-482-.9513