ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 成人保健・高齢者保健 > 熱中症に注意しましょう!

熱中症に注意しましょう!

ページ印刷
ページID:000004517

2018年7月20日 更新

 暑い日が続いています。熱中症に注意しましょう!
 急に気温が上昇した日、熱帯夜の翌日等に発症しやすく、夜間や室内で何もしていないときでも発症する危険がありますので、こまめな水分補給や暑さを避ける工夫を心がけましょう。
 また、体温調節機能が十分発達していない乳幼児や暑さやのどの渇きを感じにくい高齢者は、特に注意が必要です。

※熱中症予防のために、外出中の一時休憩所として やちよオアシス をご利用ください。
※救急搬送状況と消防本部のお知らせは、熱中症予防 今年は特に注意が必要です をご覧ください。 

熱中症とは

気温や湿度が高い環境の中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなる状態です。

熱中症になりやすい日

  • 気温が高い日(28℃以上)
  • 湿度が高い日(70%以上)
  • 風が弱い日
  • 急に気温が上昇した日(梅雨明けなど)
  • 熱帯夜の翌日

※最高気温が30℃以上の日を「真夏日」、夜間の最低気温が25℃以上の日を「熱帯夜」といいます。近年、真夏日や熱帯夜が増えていることが熱中症の患者数、死亡者数の増加の大きな原因となっています

熱中症になりやすい人

  • 乳幼児
  • 高齢者
  • 体調が悪い人 (二日酔いの時・朝食を食べていない時・睡眠不足の時も注意が必要です)
  • 肥満の人
  • 持病(高血圧、心臓疾患、糖尿病、精神神経疾患)のある人

熱中症の主な症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、体がだるい・体に力が入らない
 

重症になると

返事がおかしい、意識消失(呼びかけや刺激への反応がない)、けいれん(体にガクガクとひきつけがある)、体が熱い

熱中症になった時は

応急手当て方法
  1. 涼しい場所に移動させる(エアコンが効いている室内・車内や風通しのよい日陰など)
  2. 衣類を脱がせ、身体を冷やす(特に、脇の下や足の付け根を冷やすと効果的)
  3. 水分や塩分、経口補水液を補給する(経口補水液とは、水に食塩とブドウ糖を溶かしたもので、薬局等で購入できます。)
  4. 意識がある場合は、そのまま安静にして、回復したら帰宅する
  5. 意識が無い時やけいれんを起こしている場合や自分で水分が飲めない場合は、救急車を呼ぶなど速やかに医療機関へ連れていく

熱中症の予防法

喉が乾く前に水分の補給を行いましょう

水分補給が必要な時
 朝起きた時、運動前、外出前、飲酒後、入浴前、寝る前
※運動量が多い場合や多量の汗をかいた時には、塩分も一緒に補給しましょう
 長時間の運動で汗をたくさんかく場合には、塩分の補給も必要です。0.1~0.2%程度の食塩水(1ℓの水に1~2gの食塩)が適当です
※外出時の水分補給のために、水筒等を持ち歩くようにしましょう

暑さを避けましょう

  • 日傘などで直射日光に当たらないようにしましょう
  • 温度が28℃以上になったら、冷房を使いましょう
  • ブラインドやすだれを活用し、窓からの日射を遮るようにしましょう
  • 襟元はゆるめて通気し、ゆったりした涼しい服装をしましょう
※熱中症予防のために、外出中の一時休憩所として「やちよオアシス」をご利用ください

暑さに負けないからだづくりをしましょう

  • 食事からも水分を補給しています。食事量が少ない時は、意識して水分を摂りましょう
  • たんぱく質や脂肪を多く含む食品を食べるようにしましょう
  • 体調が悪い時には、無理して活動しないようにしましょう

暑さ指数の活用

 環境省が提供している、暑さ指数の予測値及び実況値の情報について、メール配信サービスが無料でご利用になれます。登録の際に、観測地点や実況値の受信頻度、メール配信を希望する暑さ指数レベル(5段階:危険・厳重警戒・警戒・注意・全て)を設定でき、選択したレベル以上の暑さ指数が発表された場合にメールが配信されるシステムです。
※このサービスはバイザー(株)が運営する高速メール配信システムにより配信されます。なお、情報取得にかかる通信料(利用登録、ホームページの閲覧、メール送受信時に発生する料金)は利用者の負担となりますのでご注意ください。

暑さ指数(WBGT)とは

 熱中症予防を目的とした指標で、単位は気温と同じ「℃」で示されますが、その値は気温とは異なります。人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目し、[1]湿度、[2]日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、[3]気温の3つを取り入れた指標です。
※千葉県内14地点で観測されています。近隣(船橋市・佐倉市・千葉市)の数値を参考にしてください

関連ホームページ

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646 ファクス: 047-482-.9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.