ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > RSウイルス感染症に注意しましょう

RSウイルス感染症に注意しましょう印刷用ページ

2017年8月7日 更新

 RSウイルス感染症は、乳幼児を中心に冬に流行する病気ですが、近年は夏にも増加傾向がみられています。乳幼児や免疫不全などの基礎疾患がある方は重症化しやすいため、今後の流行に注意し、感染予防を心がけましょう。

RSウイルス感染症とは

マスク

 RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%のお子さんがRSウイルスに感染するとされています。

症状・治療

 2日~1週間(通常4~6日)の潜伏期間の後に、発熱、咳、鼻水などの風邪に似た症状が現れ、気管支炎や肺炎に進行する場合があります。
 RSウイルス感染症に特効薬はありません。症状を和らげる治療が行われます。

重症化する危険が高い人

  • 生後3か月以内の乳児
  • 早産児や低出生体重児
  • 心臓や肺に病気があるお子さん
  • 神経や筋肉の病気があるお子さん
  • 免疫不全があるお子さん
  • 高齢者             
     

感染を予防する方法

 現在、RSウイルスのワクチンはありません。
 RSウイルスに感染している人の咳やくしゃみ、会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込む「飛まつ感染」と、ウイルスが付いた手指や物品(ドアノブ、おもちゃ、手すりなど)に触ることによる間接的な「接触感染」で感染します。

マスクの着用

 咳などの呼吸器症状を認める年長児や成人は、可能な限り0歳児と1歳児との接触を避けることが乳幼児の発症予防に繋がります。また、0才児と1歳児に日常的に接する人は、咳などの呼吸器症状がある場合は、マスクを着用して接することも大切です。

手洗い

手洗いの徹底

 帰宅後、食事の前、トイレの後、咳・くしゃみの際に口を手でおおった時、使用したティッシュを捨てた後などは、流水・せっけんによる手洗いか又はアルコールを含んだ消毒液で手を消毒しましょう。

関連ホームページ

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646 ファクス: 047-482-.9513