ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 令和元年度 任意の風しん予防接種の費用を助成します

令和元年度 任意の風しん予防接種の費用を助成します

ページ印刷
ページID:000013075

2019年8月8日 更新

 首都圏を中心に、風しんの流行が続いています。
 そこで、赤ちゃんの先天性風しん症候群の発症を予防するため、下記のとおり、妊婦の配偶者・妊娠を希望する女性とその配偶者に対して、任意の風しん予防接種費用の一部を助成します。

対象者

 接種当日に八千代市民であり、千葉県風しん抗体検査の結果、抗体価が低い人(HI法で32倍未満、EIA(IgG)法で8.0未満)

※平成30年12月25日以降に受検した千葉県風しん抗体検査が対象となります。また、転入者については、平成30年12月25日以降に他都道府県等の自治体で実施した風しん抗体検査の結果も対象とします。
※昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は、定期接種に該当する年齢であるため対象外です。
 

千葉県風しん抗体検査

対象 次の1から5の全てを満たすことが要件となります。

1 千葉県内市町村に居住地(千葉市・船橋市・柏市を除く)を有している
2 下記(1)から(3)のいずれかに該当すること
  (1)妊娠を希望する女性(19歳以下で未婚の方は保護者の同意が必要です)
  (2)妊娠を希望する女性のパートナー※1
  (3)風しんの抗体価※2が低い妊婦のパートナー
    ※1 配偶者のほか、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。
    ※2 HI法で32倍未満、EIA(IgG)法で8.0未満であること。
3 過去に風しんの抗体検査を受けたことがない
4 過去に風しんの予防接種を受けたことがない
5 過去に風しんにかかったことがない

抗体検査の申し込み方法や抗体検査が受けられる医療機関は下記をご覧ください。(八千代市は習志野保健所管内です。)

助成金額

3,000円 (風しん予防接種及び麻しん・風しん混合予防接種いずれの場合も同額です)
 接種費用が3,000円に満たない場合は、接種費用が助成額となります。助成は1人1回限りです。

 予防接種の指定の医療機関はありません。市外の医療機関で接種した場合も助成対象となります。

※生活保護受給者、原発避難者特例法に基づく指定市町村から避難している人は全額を助成します。
※台風等により被災した人(半壊・半焼以上または床上浸水以上)で、被災から1年以内の接種であれば全額助成の対象となる場合があります。申請の前にお問い合わせください。

助成対象の接種期間

平成31年4月1日(月曜日)から令和2年3月31日(火曜日)

申請受付期間

令和元年8月15日(木曜日)から令和2年3月31日(火曜日)必着

申請方法

 申請書に必要事項を記入し、下記必要書類を添えて八千代市保健センター健康づくり課窓口へ持参または郵送で申請してください。
  • 八千代市保健センター健康づくり課:〒276-0042 八千代市ゆりのき台2-10

 助成金交付の可否が決定次第、「八千代市任意風しん予防接種費用助成交付決定(却下)通知書」を郵送します。申請から約2か月後に、申請書に記載されたご本人の口座に振り込みます。
※助成は1人につき1回限りです。
 

申請に必要な書類

  1. 八千代市任意風しん予防接種費用助成金交付申請兼請求書
  2. 領収書原本(接種を受けた人の氏名、接種年月日、予防接種の種類が記載されたもの)
    ※領収書原本の返却を希望する人は、返信用封筒(宛名を明記し、切手を貼ったもの)を添付してください。
  3. 千葉県風しん抗体検査「本人検査結果」の写し
  4. 全額費用助成の対象となる人は、その旨がわかる書類の写し
 下記からダウンロードできます。また、保健センター、各支所にて配布します。

注意事項

  • 妊娠中の女性は接種を受けることができません。
  • 女性が接種を受ける時は、妊娠していないことを確認してください。
  • 女性が接種した場合は、接種後2か月は妊娠を避けてください。
  • この予防接種は任意接種で、接種を強制するものではありません。
  • 麻しんにかかったことがなく、麻しんの予防接種を未接種または1回しか接種していない場合は、麻しん風しん混合ワクチンの接種をお勧めします。

副反応について

 予防接種を受けた後に副反応が現れることがあります。主な副反応は、発熱、発疹、接種部位の発赤・腫れ等があります。
 また、稀にショック、アナフィラキシー様症状(0.1%未満)、血小板減少性紫斑病(100万人に1人程度)、急性散在性脳脊髄炎等が生じる可能性があります。
 副反応の詳細については、接種する医療機関の医師にご確認ください。 

健康被害

 任意接種のため、健康被害が生じた場合は独立行政法人医薬品医療機器総合機構救済制度による救済の対象となります。給付申請を行う場合は、接種を受けた本人またはその家族が直接独立行政法人医薬品医療機器総合機構に請求することとなります。
 同機構の問い合わせと、ホームページは次のとおりです。
  • 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
    電話:0120-149-931 受付時間:月曜~金曜日 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除く)

関連ホームページ

問い合わせ先

八千代市保健センター内 健康づくり課
  • 〒276-0042 八千代市ゆりのき台2-10 
  • 電話:047-483-4646 ファクス:047-482-9513

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646 ファクス: 047-482-.9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.