ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 特定疾病療養受療証

特定疾病療養受療証印刷用ページ

2016年1月1日 更新

 長期間にわたって高額な治療を必要とする特定疾病の人は、自己負担額が1医療機関につき、1か月10,000円までとなります。「特定疾病療養受療証」を発行しますので、国保年金課の窓口で申請してください。

厚生労働大臣指定の特定疾病

  • 血友病
  • 慢性腎不全(人工透析実施)
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

自己負担額

 自己負担額1か月1万円

 ただし、人工透析を受けられている70歳未満の所得区分が「ア」、「イ」の方については、1か月2万円 となります。

 これらの治療を行う場合、「特定疾病療養受療証」が必要となります。専用の申請書に医師の証明をしてもらい申請してください。
 受療証は原則即日交付します。支所、連絡所では受付できません。

特定疾病の負担のしくみ

 本人:65歳
 所得区分:ウ
 の場合、自己負担は1万円となります。

【内訳】
 総医療費500,000円の場合

保険者負担額
7割 350,000円
高額療養費
140,000円
本人負担額
10,000円

特定疾病の負担のしくみ

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)