ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 医療費が高額になったとき

医療費が高額になったとき印刷用ページ

2015年1月1日 更新

高額療養費の給付

 医療機関に支払った1か月の窓口負担が一定額(自己負担限度額)を超えた場合、申請をすることにより、超えた分が高額療養費として払い戻しされる制度です。

  • 高額療養費には、償還払い(払い戻し)と現物給付(自己負担限度額までの支払いで済む)の2種類があります。
    ○償還払い
     申請をすることにより、自己負担限度額を超えて医療機関に支払った分が、高額療養費として払い戻しされます。必ず国保年金課へ申請が必要になります。該当の方にはお知らせをお送りします。
    ○現物給付
     医療費の窓口負担が自己負担限度額までで済みます。
     現物給付を受けるには、下記の「限度額適用認定証」や「特定疾病療養受療証」が必要になります。
    ※平成24年4月1日より、適用対象が、入院だけでなく、通院治療や薬などにも拡大されました

70歳未満の方と、70歳から74歳までの方では、自己負担限度額などが異なります。

原則診療月の翌月から2年が経つと時効になり、申請できなくなります。

限度額適用認定証

 事前に限度額適用認定証を持っていれば、病院でのお支払いが自己負担限度額までで済みます。限度額適用認定証の申請についての詳しい説明は「限度額適用認定証」のページをご覧ください。

 ※70歳以上の方は、「限度額適用認定証」がなくても、自己負担限度額で済む場合があります。

 非課税世帯では、入院時の食事の標準負担額も減額になる限度額適用・標準負担額減額認定証を交付します。

特定疾病療養受療証(厚生労働大臣が指定する特定疾病の場合)

 長期間にわたって高額な治療を必要とする特定疾病の方は、自己負担額が1医療機関につき、1か月10,000円までとなります。「特定疾病療養受療証」を発行しますので、国保年金課の窓口で申請してください。

高額療養費の貸付制度

 国民健康保険の被保険者が、医療費の支払いで困ったときに資金をお貸しする制度です。

介護保険の受給者がいる場合(高額医療・高額介護合算制度)

 医療費と介護保険のサービス費を合算した金額が、世帯の年間負担限度額を超えた場合、申請して認められますと、限度額を超えた分が後から支給される制度です。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)