ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 八千代市国民健康保険短期人間ドック助成事業

八千代市国民健康保険短期人間ドック助成事業印刷用ページ

2017年4月21日 更新

  八千代市国民健康保険の加入者が下記1・2の利用資格すべてに該当し、八千代市に登録した指定医療機関又は指定外医療機関で短期人間ドックを受診する場合に助成する制度です。
 ※指定外医療機関にも助成を拡大しました。

人間ドックの助成が受けられる方

1  八千代市の国民健康保険に継続して1年以上加入している満35歳以上の方
2  納付期限の到来している国民健康保険料を完納している世帯の方

【注意事項】
以下のいずれかに該当する場合は、短期人間ドックの助成は受けられません。
〇 八千代市国民健康保険に加入して1年未満
〇 納付期限が過ぎている保険料に未納がある
〇 同一年度内に短期人間ドックの助成を受けている
〇 同一年度内に特定健康診査等(個別・集団)受診している
〇 特定保健指導を受けていて、まだ終了していない

助成対象期間

特定健康診査受診券が到着後 ~ 同年12月31日まで(特定健康診査実施期間と同じです)
特定健康診査の対象でない方(当年度末時点で35歳~39歳までの方)は4月1日~同年12月31日までです

年齢と助成額、窓口負担の仕組み

 指定医療機関の場合、年齢によって助成額が異なり、人間ドック検査費用からがん検診と特定健康診査の費用額を差し引いた額の7割(35歳~59歳は8割)を助成します。
助成上限額は指定医療機関は15,000円(35歳~39歳は35,000円)、指定外医療機関は10,000円です。

表

利用方法

受付窓口は市役所1階国保年金課の窓口となります。
支所では受け付けしておりませんのでご注意ください。

※指定医療機関・指定外医療機関ともに、郵送での申請を希望する場合は、国保年金課までご連絡ください。

医療機関への予約についてはご自身で行うようお願いします。
「指定医療機関で受検」か「指定外医療機関で受検」かで手続きが異なりますので、事前にどちらで受検するか決めておいてください。

[1]指定医療機関で受検
 特定健康診査受診券と保険証を持って、国保年金課へお越しください。
 国保年金課で利用承認書をお渡しします。その後、利用承認書・受診券・保険証・印鑑を持参して医療機関で人間ドックを受検してください。医療機関では助成額を差し引いた金額が請求されますので、その額をお支払いください。
 がん検診も一緒に受検する場合は、予約時に医療機関へ申し出てください。

[2]指定外医療機関で受検 
 特定健康診査受診券と保険証を持って、国保年金課へお越しください。
 国保年金課で受診券を回収して、人間ドック助成請求書と質問票をお渡しします。その後、医療機関で人間ドックを受検してください。医療機関では通常の金額をお支払いいただき、必ず領収書を受領してください。 人間ドックの結果が届いたら、
 [1]人間ドック助成請求書
 [2]質問票
 [3]検査結果報告書(写し) 
 [4]領収書(原本)
を国保年金課に持参して申請してください。 助成が承認された場合は、人間ドック助成承認書を郵送いたします。その後、助成請求書に記入していただいた口座に助成金を振り込みます。

自己負担額計算方法

★ケース[1]指定医療機関・65歳3割負担で、人間ドックの総費用が46,000円(うち特定健康診査分は8,810円・がん検診費用が20,586円の自己負担有りとしたケース)

<助成額>
 ・助成限度額・・・15,000円
 ・助成率・・・・・・・7割(40歳から59歳までの方は8割)
   [1]ドックの総額 - 特定健康診査費用 - (がん検診分費用) = 助成費用
         46,000           -   8,810                   -         20,586            =  16,604円
   [2]助成費用 × 助成率 =  助成基準額
         16,604        ×      0.7   =     11,623円
   [3]助成基準額が15,000円以下のため助成額は、11,623円となります。

<自己負担額>
    助成費用 - 助成額  +  特定健康診査(がん検診)自己負担額  =  窓口負担額
         16,604 -  11,623  +      2,800                                               =   7,781円

※がん検診を併用しない場合は、がん検診費用の20,586 円が助成対象とならないため自己負担額は22,190円となります。

教授の絵

★ケース[2] 指定医療機関・35歳2割負担で、人間ドックの総費用が46,000円としたケース

<助成額>
  ・助成限度額・・・35,000円
  ・助成率・・・・・・・8割
    [1] 人間ドックの総額  ×  助成率  =  助成基準額
         46,000                  ×    0.8        =     36,800円
    [2] 助成基準額が35,000円以上のため助成額は、35,000円となります。

<自己負担額>
  ・人間ドックの総額   -   助成額   =   窓口負担額
        46,000円       -  35,000     =  11,000円

★ケース[3] 指定外医療機関で、人間ドックの総費用が46,000円としたケース


<助成額>
・助成限度額・・・10,000円
<自己負担額>
・人間ドックの総額 を 窓口負担額としてお支払いただき、人間ドック結果受領後に国保年金課へ助成申請

人間ドックを受けたら

  人間ドックを受けたら終わり。というわけではありません。
より健康な状態を維持するためにも、検査結果に注目してください。また、今健康でも年齢を重ねると異常が出ることがあります。毎年健診を受けて今後の健康管理に努めてください。

☆人間ドックの基本検査には、特定健康診査の内容が全て含まれます。特定健康診査の結果によって、保健険指導が必要な方には後日(検査終了から3~4カ月後)特定保健指導利用券を交付しますので、積極的に参加してください。

二人でランニング

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)