ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 高齢者医療 > 病院に行くときの自己負担

病院に行くときの自己負担印刷用ページ

2016年5月16日 更新

 医療費の自己負担(一部負担金)の割合は1割(現役並み所得者は3割)です。
 保険証に記載の自己負担割合(1割または3割)を確認してください。
1割   3割

所得区分

所得に応じて、医療機関で支払う月々の自己負担限度額に違いがあります。

現役並み所得者

 住民税課税所得が145万円以上の被保険者本人及び同一世帯に属する人。
 ただし、下記のいずれかに該当するときは、収入が分かるもの(確定申告書の控えなど)を添えて「基準収入額適用申請」を提出することにより、「一般」の区分となります。

  1. 世帯内の被保険者の収入合計が、一人のときで383万円未満、二人の以上のときで520万円未満である
  2. 住民税課税所得145万円以上かつ収入383万円以上の被保険者であって、同一世帯に属する70歳から74歳までの人も含めた収入が520万円未満である
※ 収入とは、所得税法上の収入金額(一括して受け取る退職所得に係る収入金額を除く)であり、公的年金控除や必要経費等を差し引く前の金額です(所得金額ではありません)。また、土地・建物、株式等の収入も含みます。
 

一般

「現役並み所得者」、「低所得者2」、「低所得者1」以外の人

低所得者2

 世帯の全員が住民税非課税の人

低所得者1

 世帯の全員が住民税非課税で、その世帯全員の個々の所得(年金収入は控除額を80万円として計算)が0円となる人

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)