ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 消防・救急 > 119番のかけ方 > 救急出動状況

救急出動状況印刷用ページ

2017年5月18日 更新

救急出動の概況

 八千代市では、平成29年4月1日から常時6台の救急車が出動できる体制を整備し、市民の安心・安全を守るために努めております。
 平成28年の救急出動件数は8,964件、搬送人員は7,998人です。
 これは1日に平均25件、およそ60分に1件出動し、市民25人に1人が救急車を利用したことになります。

1.事故種別出動状況

事故種別出動件数

 出動件数を事故種別でみると、急病が5,672件と最も多く、全体の63.3%を占めています。次に怪我等の一般負傷1,208件、交通事故636件となります。

2.年齢区分別搬送人員

年齢区分別搬送人員

 搬送人員を年齢区分別でみると、高齢者が4,522人と最も多く全体の56.5%を占めています。次に成人2,639人、乳幼児457人、少年313人、 新生児67人となります。

3.過去5年の救急統計

過去5年間の救急統計

 前年と比較すると、出動件数は390件、搬送人員は312人の増加となっており、統計業務を開始して以来、過去最高値となりました。内訳として、入院を必要としない軽症者が3,856人で、48.2%を占めています。このままでは、本当に救急車が必要な方のために出動することができなくなる可能性があります。
 救急車の適正利用にご理解ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 警防課
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田186
電話番号: 047-459-7804