ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 消防・救急 > 消防本部・消防署 > 小学生対象の救命体験がスタート

小学生対象の救命体験がスタート印刷用ページ

2017年6月6日 更新

胸骨圧迫を実施している様子胸骨圧迫を実施している様子

 5月25日に市立みどりが丘小学校において、「救命体験コース」が行われました。消防署では、平成29年度から小学校5年生まで「救命体験」の裾を広げ、児童に生命の尊さや救命処置の重要性を学んでもらい、「救命の連鎖」の普及啓発に努めるとともに、いざという時に人を助けることができる人材の育成を図る目的として実施するものです。
 当日は、同校の5年生62人が6つに班に分かれ、訓練人形を使用し胸骨圧迫(心臓マッサージ)を体験、AEDの取扱い方法を学びました。
 今年度は、12校の小学校で講習会が実施される予定です。

救命の連鎖を学ぶ小学生

 
     

このページに関するお問い合わせ

八千代市 中央消防署
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田186
電話番号: 047-458-0119