ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 上下水道 > 下水道 > 下水道事業経営 > 公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画印刷用ページ

2015年12月24日 更新

1.制度の概要

国は、公債費負担の軽減対策として、財政健全化計画または公営企業経営健全化計画を策定し、徹底した行政改革・経営改革を行う地方公共団体を対象に、平成22年度から3年間の臨時特例措置として、公的資金(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金)の補償金免除による繰上償還を実施しました。この制度を活用することにより、高金利の企業債利息が軽減されます。
本市の公共下水道事業会計では、平成22年9月に経営健全化計画を策定し、同年12月に総務大臣及び財務大臣より承認を受け、平成22年度及び平成23年度に繰上償還を実施しました。

2.繰上償還額及び効果額

繰上償還額
旧資金運用部資金     
   平成22年度(利率6.60%~7.30%)          686,379,902円
   平成23年度(利率6.05%~6.20%)          325,939,564円
                  資金運用部資金        合計    1,012,319,466円
旧公営企業金融公庫資金        
    平成22年度(利率6.15%~6.70%)        270,645,164円
                       繰上償還額          合計    1,282,964,630円
          
効果額         
繰上償還による補償金免除相当額        
  平成22年度                                          225,862,251円
  平成23年度                                            63,572,695円
                                        効果額    合計    289,434,946円
利息軽減額         
  平成22年度                                          245,746,578円
  平成23年度                                            63,953,436円
                                  利息軽減額    合計    309,700,014円

3.経営健全化計画

公共下水道事業会計における経営健全化計画につきましては、下記資料をご参照ください。

※本計画の策定時期は平成22年9月であるため、経営健全化計画に示されている数値は、平成23年度の当初予算等の数値とは異なります。

4.経営健全化計画の執行状況について(フォローアップ)

平成22年度に総務大臣及び財務大臣より承認を受けた公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画については、平成26年度まで毎年度、決算及び今後の財政見通しに基づいて、執行状況及びフォローアップ計画を国に報告することとなっています。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 経営企画課
上下水道局経営企画課 〒276-0044 千葉県八千代市萱田町596-5
電話番号: 047-483-6572