ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 上下水道 > 下水道 > 受益者負担金制度 > 受益者負担金制度の概要

受益者負担金制度の概要 印刷用ページ

2013年4月1日 更新

受益者負担金制度

 公共下水道の恩恵を受けられるのは、下水道の整備された特定区域の市民に限られ、下水道のない区域と比較すると、土地の利用等について大きな差があります。そのため受益者の方々に公共下水道(汚水施設)の建設費 の一部を負担していただく制度です。 受益者負担金は、都市計画法第75条の規定に基づく「八千代都市計画下水道事業受益者負担に関する条例」により公共下水道の設置される区域の土地所有者等(受益者)にご負担をいただいております。

受益者(負担者)と負担額について

   受益者(負担者)とは
   公共下水道の整備される区域内の土地所有者、または土地の権利者。(地上権者、質権者、賃借権者等)

負担金額(1平方メートル当たり)
八千代負担区 179円
村上負担区 240円
その他の排水区域 308円

賊課徴収について

受益者の決定まで、毎年度始めに賦課対象区域(当該年度に下水道工事が竣工し、供用開始が確実に見 込める区域)として公告した区域内の土地について受益者負担金を賦課します。賦課額(負担金)を3年に分割し1年を4回の納期に分けて徴収します。受益者負担金が課せられるのは、その土地に対し、一度限りです。

納期 納付期日
1期 6月16日~6月30日
2期 9月16日~9月30日
3期 11月16日~11月30日
4期 翌年2月16日~2月末日

納付場所について

以下の金融機関と八千代市上下水道局にて、お支払いできます。

みずほ銀行 埼玉りそな銀行 千葉興業銀行 京葉銀行 中央労働金庫
三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 三井住友信託銀行 千葉信用金庫 八千代市農業協同組合
りそな銀行 千葉銀行 東京東信用金庫    

猶予措置について

田、畑、山林 ・・・ 事業管理者が認める期間(宅地化されるまで)は、負担金を猶予しています。 

係争地 ・・・ 受益者の決定まで猶予しています。

受益者負担金に関する条例の経緯について

1973(昭和48)年  2月1日  八千代市八千代都市計画下水道事業受益者負担に関する条例制定
1973(昭和48)年  4月1日  受益者負担金を賦課、徴収開始(八千代負担区 179円/m2
1975(昭和50)年10月1日    条例一部改正(昭和51年4月1日施行。村上負担区 240円/m2)
1982(昭和57)年3月30日    条例一部改正(昭和57年4月1日施行。その他の排水区域 308円/m2

このページに関するお問い合わせ

八千代市 給排水相談課
上下水道局給排水相談課 〒276-0044 千葉県八千代市萱田町596-5
電話番号: 047-483-6155