ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 上下水道 > 下水道 > 浸水対策 > 八千代市浸水ハザードマップ

八千代市浸水ハザードマップ印刷用ページ

2015年8月1日 更新

 八千代市浸水ハザードマップは、国が管理する利根川と千葉県が管理する河川(印旛沼、桑納川、神崎川)の洪水予測と、下水道その他の排水施設の排水能力を上回る降雨が生じた際の浸水発生想定区域の範囲、深さ、並びに避難所等の施設を示し、市民のみなさんの避難に役立つように作成したものです。
 日ごろから、自宅から避難所までの避難経路や危険箇所などを確認するとともに、大雨の時には気象情報や河川の状況などに注意して、危険を感じたら早めに自主的な避難を心がけましょう。

「八千代市浸水ハザードマップ」河川による氾濫(利根川)、 内水版

 この浸水ハザードマップは、国が管理する利根川が氾濫した外水の想定と、下水道その他の排水施設の排水能力を上回る降雨によって実際に発生した内水を元に同規模の雨が降った場合の想定を示しています。
 条件の異なる2つの情報を掲載していますので確認する際は、十分注意してください。

「八千代市浸水ハザードマップ」河川による氾濫(印旛沼・桑納川・神崎川版)

 この浸水区域は、50年に1回程度起こる大雨が降ったことにより印旛沼・桑納川・神崎川がはん濫した場合に、浸水が想定される区域です。
  浸水想定区域の降雨条件 : 布佐観測所(千葉県我孫子市)
  1時間雨量 63.7mm 、 24時間雨量 206.0mm

「概要面」

 避難時の心得ほか、災害時の情報収集の方法等がわかります。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 下水道課
上下水道局下水道課 〒276-0044 千葉県八千代市萱田町596-5
電話番号: 047-482-0924