ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 上下水道 > 放射性物質に関する情報 > 下水道 > 汚水中継ポンプ場における放射性物質濃度測定結果について

汚水中継ポンプ場における放射性物質濃度測定結果について印刷用ページ

2015年4月23日 更新

上下水道局では、2箇所の汚水中継ポンプ場における沈砂及びし渣※1に含まれる放射性物質を測定しましたので、その結果をお知らせします。

・沈砂・し渣の取扱について
 各ポンプ場から発生する沈砂及びし渣は、「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」に則り適切に処理民間処理業者に処分を委託しております。

※1 沈砂:沈砂池に堆積する、流入下水中に含まれる砂などのこと。
   し渣:ポンプ場などで沈砂池のスクリーンにより除去された固形物。

過去の分析結果はこちらです。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 下水道課
上下水道局下水道課 〒276-0044 千葉県八千代市萱田町596-5
電話番号: 047-482-0924