ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > 上下水道 > 放射性物質に関する情報 > 下水道 > 放射性物質を含む調整池汚泥の保管について

放射性物質を含む調整池汚泥の保管について印刷用ページ

2017年9月28日 更新

 高津東第1公園に隣接する調整池(高津東調整池)内にこれまで保管していた放射性物質を含む堆積汚泥(8,000ベクレル/キログラム超のもの)は、平成28年3月22日から八千代市清掃センター内の保管場所に側溝汚泥と一緒に保管しています。
 この汚泥は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故によって放出された放射性物質により汚染された調整池の堆積汚泥で、「放射性物質汚染対処特別措置法」で国が示すガイドラインに基づき市で一時保管をしており、国が指定廃棄物の処理体制を構築するまでの間、安全かつ適正に保管していきます。

 調整池汚泥一時保管場所については以下の通りです。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 下水道課
上下水道局下水道課 〒276-0044 千葉県八千代市萱田町596-5
電話番号: 047-482-0924