ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産・子育て > 地域子育て支援 > 子どもショートステイ事業  保護者が病気や出産等のとき

子どもショートステイ事業  保護者が病気や出産等のとき印刷用ページ

2016年4月1日 更新

やっち睡眠画像

子どもショートステイ事業とは、保護者が病気や出産等の理由により、家庭で一時的に育児ができないときに、お子さんを泊まりでお預かりする事業です。

対象児童

市内在住の3歳未満のお子さん

利用要件

保護者が以下のいずれかの要件を満たし、他に養育する人がいない場合

⑴ 疾病、けが等の場合(感染症を除く)
⑵ 身体的又は精神的な理由で体調が不良の場合
⑶ 出産、看護、事故、災害、失踪等による場合
⑷ 冠婚葬祭、転勤、出張や学校等の公的行事への参加等による場合
⑸ その他特に必要があると認める場合

利用できない場合

以下に当てはまる場合は、お子さんをお預かりできません。

⑴ 対象児童または周囲が感染症にかかっているとき
⑵ 対象児童が疾病のため医療機関で受診が必要なとき
⑶ 実施施設の定員を超えるとき
⑷ その他事業の利用にそぐわないとき

利用期間

1回につき7日以内

実施施設

乳児院ほうゆうベビーホーム
八千代市上高野157番地
京成勝田台駅から東洋バス「八千代リハビリテーション病院」下車徒歩15分

負担費用

利用世帯の区分 2歳未満 2歳以上
市町村民税非課税世帯 1,100円 1,000円
上記以外の世帯 5,350円 2,750円

※上記はお子さん1人1日(24時間)あたりの料金です。なお、生活保護世帯は無料です。
※上記の費用の他に、利用中にかかった医療費等の経費の実費分をお支払いいただきます。

利用方法

まずは子ども相談センターまで、お電話でお問い合わせください。実施施設の予約状況等を確認の上、申請手続きをご案内いたします。
申請時必要なもの:印鑑、母子健康手帳、お子さんの保険証・子ども医療費助成受給券のコピー
※非課税世帯で1月2日以降に転入された方は前住所地の市町村民税非課税証明書

このページに関するお問い合わせ

八千代市 子ども相談センター
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)