ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産・子育て > 児童福祉 > 母子・父子・寡婦福祉資金貸付

母子・父子・寡婦福祉資金貸付印刷用ページ

2017年11月13日 更新

 
 
 児童(ここでは20歳未満)を扶養している母子家庭や父子家庭、寡婦の経済的自立を応援するため、貸付を行なっています。貸付金の限度額や利率などは、借り受ける資金の用途により下表のとおり12種類に分類されます。(平成26年10月1日より父子家庭も対象となりました。)
 

内容
貸付の種類 貸付金額の限度
事業開始資金 設備などの購入 285万円
事業継続資金 材料などの購入 143万円
修学資金 高校、短大、大学
などに修学させる
ための授業料、
書籍代、交通費
など
高校 公立 月額 2万7,000円
私立 月額 4万5,000円
短大 公立 月額 6万7,500円
私立 月額 7万9,500円
大学 公立 月額 6万7,500円
私立 月額 8万1,000円
技能習得資金 母又は父の技能習得 月額 6万8,000円
就職支度資金 衣服などの購入 10万円
医療介護資金 短期間の療養 医療 34万円
介護 50万円
生活資金 生活費の補助 月額 10万3,000円
就学支度資金 学校への入学、
入所に際し、必要な
入学金、衣服
費などにあてる
高校 公立 15万円
私立 41万円
短大・大学 公立 37万円
私立 58万円
修業施設 中卒後 7万5,000円
高卒後 9万円
修業資金 子の修業のため 各種学校その他 月額 6万8,000円
住宅資金 増築・補修など 150万円
転宅資金 敷金・前家賃など 26万円
結婚資金 子の結婚のため 30万円

このページに関するお問い合わせ

八千代市 子ども福祉課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-483-1151 (代表)