ページトップ

[本文へジャンプ]

ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産・子育て > 母子保健 > ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンのお知らせ

ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンのお知らせ印刷用ページ

2017年4月1日 更新

対象

 生後2か月以上5歳未満

受ける場所

 委託医療機関

間隔と回数(標準的な接種)

ヒブワクチン

生後2か月以上7か月未満 
  初回接種:27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて3回
  追加接種:初回接種終了後7か月以上、標準的には12か月までの間隔をおいて1回
   ※初回2回目、3回目の接種は生後12か月を超えた場合は行わない。追加接種は初回終了後、
    27日以上の間隔をおいて1回

(標準的な接種を逃した場合)
 生後7か月以上12か月未満 
  
初回接種:27日以上、標準的には56日までの間隔をおいて2回
  追加接種:初回接種終了後7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて1回
   ※初回2回目の接種は生後12か月を超えた場合は行わない。追加接種は初回終了後、
    27日以上の間隔をおいて1回

 12か月から5歳未満 
  
1回接種

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2か月以上7か月未満に開始
  初回接種:標準的には生後12か月までに27日以上の間隔をおいて3回
  追加接種:生後12~15か月を標準的な接種期間として、初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、
         生後12か月に至った日以降において1回
   ※初回2回目、3回目の接種は生後24か月を超えた場合は行わない。また2回目の接種が生後12か月を超えた場
         合、3回目の接種は行わない(追加接種は実施可能)。

(標準的な接種を逃した場合)
7か月以上12か月未満
  
初回接種:標準的には生後13か月までに27日以上の間隔をおいて2回
  追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12か月以降1回
   ※初回2回目の接種は生後24か月を超えた場合は行わない。(追加接種は実施可能)。

12か月以上2歳未満
  
60日以上の間隔で2回接種


2歳以上5歳未満
  1回接種

接種方法

 平成25年4月より、予診票を個別に通知しています。お手元に予診票がない方で接種を希望される方は、かかりつけ医とご相談の上市内委託医療機関にある「お知らせ」、「予防接種予診票」を受け取り、ご記入されてから接種をお受けください。その際、母子健康手帳、八千代市民であることを確認できる保険証や子ども医療費助成受給券などを必ずご持参ください。
  ※ 市外の千葉県内予防接種相互乗り入れ委託医療機関がかかりつけ医の方は、「お知らせ」、「予防接種予診票」をお渡ししますので、ご連絡ください。

接種を希望される方へ

医薬品副作用被害救済制度の請求期限

平成25年3月31日までに、市町村の助成により、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのいずれかを接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合があります。
支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた医療に限られていますので、至急請求してください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 母子保健課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-486-7250