ホーム > くらしの情報 > 環境 > 雑草・害虫・害鳥・害獣 > セアカゴケグモにご注意

セアカゴケグモにご注意

ページ印刷
ページID:000001100

2022年10月28日 更新

セアカゴケグモの雌写真セアカゴケグモの雌(腹面)

 セアカゴケグモは熱帯から亜熱帯に分布するクモで、毒をもっています。日本国内には生息していませんでしたが、平成7年に大阪府で発見されて以来、現在では千葉県内に複数の地域で発見されています。
 本市でも、平成29年に大和田新田の工場敷地内において初めて確認されて以来、村上(八千代市立中央図書館・八千代市市民ギャラリー敷地内及びその周辺)、八千代台南、緑が丘西、ゆりのき台で確認されていますのでお知らせします。
 なお、これまで見つかった個体についてはすでに駆除されておりますが、もし付近で見かけたとしても決して手を出すことのないようにお気を付けください。

特徴

セアカゴケグモの雌写真セアカゴケグモの雌(背面)
 毒をもっているのは雌のみで、成熟した雌の体長は約0.7~1センチメートル、脚を広げると約3センチメートルです。全体的に光沢のある黒色をしており、腹部の背面に赤色の目立つ模様があります。 

生息場所

 日当たりの良い暖かい場所です。
 巣は、地面や人工物の窪み・穴、裏側、隙間等の直射日光の当たらない場所につくります(プランターの底や室外機の裏等)。

対策について

 セアカゴケグモに攻撃性はありませんが、触ると咬まれることがあるため、素手で捕まえたり触れたりしないようにしてください。(特定外来生物ですので、生きた個体を運ぶことは禁止されています。)
 また、生息している可能性があるような場所で作業をする場合は、軍手等を着用してください。

駆除方法

 靴で踏みつぶすか、殺虫剤を使用して駆除してください。
 殺虫剤を使用する場合は周囲の環境に配慮し、特に側溝付近で使用する場合は魚毒性の高い殺虫剤は避けてください。

 セアカゴケグモを発見・駆除した場合は八千代市役所環境政策室にご連絡ください。
 

咬まれた場合の対処について

 咬まれた直後は軽い痛みを感じる程度で、次第に痛みが増加し、腹痛、胸痛が起こることがあります。
 頻度はまれですが、重症になると、嘔吐、発熱、高血圧、頻脈などの神経毒による全身症状が現れることがあります。痛みがひかない、またはひどくなるときは速やかに医療機関で治療を受けてください。

 また、駆除後であれば、咬んだクモの種類がわかるように、医療機関に虫体をご持参ください。

咬まれた場合のお問い合わせ先

習志野健康福祉センター(保健所) 生活衛生課
  • 電話番号:047-475-5154

このページに関するお問い合わせ

八千代市 環境政策室
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-421-6767(直通) ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.