ホーム > 公共施設 > 福祉・保健施設 > 福祉センター > 福祉センター

福祉センター

ページ印刷
ページID:000003335

2022年6月30日 更新

施設利用のご案内

八千代市福祉センターにおける施設利用について(令和4年7月1日から)

 令和4年6月9日、国の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針や感染状況等を踏まえ、公民館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインが一部改訂されたことを受け、第40回八千代市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(6月29日書面開催)において、7月1日(金)からの福祉センターの利用について、以下のとおりとすることが決定しました。(団体利用の際の利用者情報の記録が原則不要となりますが、団体利用の代表者は参加者情報を把握いただくようにお願いします。利用禁止する活動等の変更はありません。)
 なお、施設の利用に当たっては、今後も国及び千葉県の動向、本市における新型コロナウイルス感染症感染者の発生状況等を踏まえ変更する場合があります。
 利用者の皆様には、大変ご不便をおかけいたしますが、引き続き感染拡大防止のための取組みにご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

  • 利用内容の制限について
以下の活動内容での利用を禁止します。
1 合唱、コーラスなど複数人での歌唱
2 トランペット、ハーモニカ、オカリナ等の吹奏楽器の演奏
 
※合唱における「ハミング練習」、吹奏楽における「弦楽器・打楽器」等の練習は利用可能となります。
※詩吟や民謡で利用する場合、原則、発声者は1人とします。
※上記1、2(合唱、吹奏楽等)以外の活動内容であっても、「新しい生活様式」を取入れた感染予防対策、及び各種業界団体が策定したガイドラインを遵守・徹底できない場合は利用不可となります。(感染拡大予防ガイドラインが策定されていない場合は、類似する業種のガイドラインを参考に対策を徹底していただきます。)
※飲食(水分補給を除く)は引き続き利用不可となります。
※マスクの着用については、他の利用者と身体的距離(2m以上を目安)が確保され、かつ会話をほとんど行わない場合、外していただいて結構です。ただし、高齢者と接する場合はマスクの着用を推奨します。
※2歳未満のお子様については、マスク着用を推奨いたしません。
 
  • 「新しい生活様式」等を取入れた感染予防対策
○ 3つの密(密閉・密集・密接)を避ける
・各施設の定員を超える人数で利用しないようお願いします。
・人との接触を避け、対人距離を2m(最低1m)確保し、対面を避けるようお願いします。
・近距離での会話、多数の人が集まり大きな声を出すことは避けるようお願いいたします。
 
○ 健康チェックと手洗い等の徹底
・利用前にご自宅で検温してくださいますようお願いします。
・入館時には必ず消毒用アルコールで手指の消毒をお願いします。また、マスク(不織布マスク)の着用を推奨します。
・館内では、咳エチケットを守っていただくとともに、マスク(不織布マスク)の着用を推奨します。
・入館時やご利用後も石鹼や流水でのこまめな手洗いをお願いします。
 
○ 換気の徹底
・出入口の扉や窓を開けるなど、室内の風通しを良くしてください。冷暖房運転時や音などが出る活動のために扉や窓を閉め切る場合などには、30分に1回5分程度、換気をしてください。
 
○ 感染拡大予防ガイドラインの実践
・各種業界団体が策定した「感染拡大予防ガイドライン」に基づく、感染防止対策を遵守・徹底してくださいますようお願いします。
・「感染拡大予防ガイドライン」が策定されていない場合は、類似する業界のガイドラインを参考に対策を徹底してくださいますようお願いします。
 
○ 以下の事項に該当する場合は、来館をお断りします。
・37.5度以上の発熱がある場合(又は平熱比1度超過の場合)
・息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさ(倦怠感)、咳、のどの痛みがある場合
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合
・同居家族や身近な知人に、感染の疑われる方がいる場合
 
○ 来館者に感染が確認されたときに備え、団体利用の代表者は参加者情報を把握していただくようにお願いします。
 ※収集した情報は、感染者が発生したとき、保健所等の公的機関へ提供する場合があります。
 
  • 各施設の利用者の上限人数
施設名 上限人数
第1会議室 25人
教養室 20人
第3会議室 30人
第4会議室 30人
研修室 20人
第5会議室 10人
作業室 15人
機能回復訓練室 各機器の台数分
浴室 男女各5人ずつ















 

※浴室、機能回復訓練室については特に変更はありません。

 
福祉センターの外観 【所在地】
 〒276-8501 八千代市大和田新田312-5(市役所隣)
【電話】
 047-483-1171
【利用時間】
 日曜日  午前9時~午後5時
 月~土曜日  午前9時~午後9時
 (浴室 水・木曜日:午前10時~午後3時)
【休館日】
 第3日曜日、12月29日~1月3日
【使用料金】
 無料(浴室含む)
【申し込み】
 福祉センターへ(電話:047-483-1171)
 詳細はお問い合わせください。
【受付時間】
 月曜日~金曜日の午前9時~午後5時

 ・営利目的、宗教活動、政治活動など、使用目的や内容によってはご利用いただけないことがあります。
 ・当施設は、指定管理者である八千代市社会福祉協議会が管理運営しています。


 
館内のご案内
5階 老人福祉センター 
・第5会議室
・作業室
・浴室(男・女各5人) 
4階 地域福祉センター 
・第3会議室
・第4会議室
・研修室
3階 地域福祉センター
・社会福祉協議会事務室
・団体事務室
 (八千代市身体障害者福祉会、八千代市長寿会連合会)
・ボランティアセンター
2階 老人福祉センター 
・第1会議室
・教養室(和室)
・相談室(1室)
※多目的トイレ
1階 老人福祉センター
・利用申請受付
・相談室(2室)
・機能回復訓練室
・社会福祉協議会事務室
・展示交流スペース
・シルバー人材センター
※オストメイト対応トイレ
   
第5会議室 第3・4会議室(通しでのご利用もできます。)
第5会議室
(円卓になっています)
第3・4会議室
(通しでのご利用もできます)
教養室(囲碁や将棋などで利用できます。) 作業室(グラインダーや電動糸のこを揃えています。)
教養室
(囲碁や将棋などで利用できます)
作業室
(グラインダーや電動糸のこを揃えています)

地域福祉センター(福祉センター3・4階)

 地域福祉センターは、社会福祉団体や福祉関係などに施設を提供し、市民の皆さんの交流の機会を増やし、連帯を強めることを目的にした施設です。

施設内容

 相談室、視力障害者の人のために朗読ボランティアが行う吹き込みのための録音室、そのほか会議室、研修室があります。

使用資格

 八千代市に住所がある人

老人福祉センター(福祉センター1・2・5階)

 老人福祉センターは、地域の高齢者からの各種相談に応じたり、健康の増進、教養の向上やレクリエーションのための便宜などを図って、お互いの交流の機会を増やし、健康で明るい生活をしていただくことを目的にした施設です。

施設内容

 健康増進と、体の機能を後退させないための訓練をする機能回復訓練室、相談室、作業室、教養室、会議室、浴室があります。

使用資格

 八千代市に住所のある60歳以上の人

交通

福祉センター位置図  バス
  • 八千代台駅(西口)発 東洋バス(1番のりば)
    八千代中央駅行き、八千代医療センター行き、米本団地行きで、「市役所前」下車
鉄道
  • 東葉高速鉄道 八千代中央駅下車徒歩10分
  • 京成電鉄 大和田駅下車徒歩20分

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康福祉課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-421-6731(地域福祉班、地域医療班) ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.