ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 新型コロナワクチンの有効性・安全性・副反応に関する情報

新型コロナワクチンの有効性・安全性・副反応に関する情報

ページ印刷
ページID:000016755

2022年5月25日 更新

 このページでは、12歳以上の新型コロナワクチン接種に関する有効性・安全性・副反応について掲載しています。
 小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン接種に関しては、「小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン接種について」をご覧ください。

 

1 ワクチンの有効性・安全性に関する情報

首相官邸ワクチン特設ページ

新型コロナワクチンの効果や安全性など、さまざまな情報がまとめられています。

 

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ワクチンごとの説明書)

【1~2回目接種用】

 

【3回目接種用】

 
【4回目接種用】  

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

 頻度としてはごく稀ですが、新型コロナワクチン接種後に、心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。新型コロナウイルス感染による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。
 ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸(どうき)、息切れなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診してください。
 

 10代・20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低いことが確認されたため、10代・20代の男性については、武田/モデルナ社のワクチンで1回目を接種した場合でも、2回目の接種をファイザー社のワクチンで受けることができます。

 

2 もしもワクチン接種により副反応が起きた場合について

八千代市の対応

 八千代市における新型コロナワクチン接種後に副反応が出た場合の対応については、下記のリンク先をご確認ください。

 

副反応や救済等に関する相談窓口

【千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口】

 

【厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター】

  • 電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
  • 受付時間:午前9時00分~午後9時00分(土日・祝日を含む) 
  • 対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語

  

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を救済するものです。
 詳細は、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度について」(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646(健康増進班、健康支援班) ファクス: 047-482-9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.