ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 新型コロナワクチンの接種について

新型コロナワクチンの接種について

ページ印刷
ページID:000015822

2021年7月26日 更新

 このページでは新型コロナウイルス感染症対策として実施するワクチン接種に関する情報をお知らせします。
 

接種予約について

 接種予約を行う場合は「新型コロナワクチン接種(予約窓口)」から予約してください。
 

このページ掲載情報

  1. ワクチン接種及び供給スケジュール等
  2. ワクチン接種までの流れと接種方法等について
  3. ワクチンの基本情報など電話相談窓口
  4. ワクチンの有効性・安全性・副反応に関する情報
  5. 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について
  6. よくあるお問い合わせ
  7. これまでの取り組み
 

1.ワクチン接種及び供給スケジュール等

(1)ワクチンの接種スケジュール

 国の動向として、ワクチン接種を加速化するため、地域接種のみならず、職域接種・大規模接種を進めているところです。これを受け、本市では7月6日~10日にかけて、12歳※から64歳までの方のクーポン券を年齢順に3回に分けて発送いたします。このため、ご家庭内でクーポン券が異なる日にちに届くことも想定されます。対象となる方々には必ずクーポン券を発送いたしますので、今しばらくお待ちください。
 また、発送する接種券の件数が約13万件と多いことから、発送から皆さまのお手元に届くまでに約2週間程度の時間を要しますので、ご了承ください。
 今後のワクチン接種について、国及び本市の優先接種者に該当する「基礎疾患を有する方」「60歳から64歳までの方」「高齢者施設などの従事者」「市独自の優先接種枠(市内幼児教育・保育施設の従事者)」の接種が開始となります。接種時期としては、7月中旬頃よりかかりつけ医を中心に個別医療機関に予約をすることで順次接種を開始いたします。
 ワクチン接種の予約については、市ホームページ「新型コロナワクチン接種(予約窓口)」をご覧ください。

※12歳の方について、7月6~10日のクーポン券の発送では平成21年4月2日から同年8月1日までにお生まれの方を対象としています。平成21年8月2日以降にお生まれの方々については、順次発送いたします。なお、ワクチンは12歳に到達するお誕生日の前日から接種が可能となりますので、ご留意ください。(例えば、7月30日生まれの方は7月29日より接種が可能です)

本市のワクチン接種スケジュールは、下記のとおりです。


                                      (令和3年7月5日現在)

※上図は国の新型コロナワクチン供給スケジュールにより変更する場合があります。
上図の拡大用pdf 「ワクチン接種予定スケジュール図」
 

(2)ワクチンの接種状況(7月24日更新)

高齢者(65歳以上の方):52,328人 1回目 2回目
接種者数 43,665人 30,837人
接種率 83.4% 58.9%
                                                                                             (令和3年7月20日現在)
※上記はワクチン接種を実施する医療機関が入力した国のシステム(VRS)からの速報値。
 

(3)ワクチンの供給スケジュール

 7月24日現在の八千代市へのワクチン供給スケジュールは下表のとおりです。
供給時期 ワクチン供給箱数 接種可能人数
4月24日(土曜日) 1箱 487人
4月28日(水曜日) 1箱 487人
5月7日(金曜日) 2箱 975人
5月12日(水曜日) 16箱 9,360人
5月24日(月曜日) 24箱 14,040人
6月10日(木曜日) 25箱 14,625人
6月23日(水曜日) 23箱 13,455人
7月17日(土曜日) 13箱 7,605人
7月24日(土曜日) 12箱 7,020人
7月26日(月曜日) 3箱 1,755人
8月2日、8月9日の週 14箱 8,190人
※4月24日~5月7日までは1バイアルで5回接種可能な針とシリンジが届きます。
 5月12日以降に届く分から1バイアルで6回接種可能な針とシリンジが届きます。
 

2.基礎疾患を有する方等のワクチン接種までの流れと接種方法等について

(1)ワクチン接種までの流れと接種方法

 八千代市における「基礎疾患を有する方」「60歳から64歳までの方」「高齢者施設等の従事者」のワクチン接種までの流れと接種方法は下図のとおりです。なお、「市独自の優先接種枠(市内幼児教育・保育施設の従事者)」の接種については、改めて関係課より案内いたします。
 また、基礎疾患の定義及び高齢者施設等の範囲については下記のリンク先をご覧ください。

上図拡大用pdf: 「基礎疾患を有する方」の予約から接種まで~3ステップ~


上図拡大用pdf: 「60歳から64歳までの方」の予約から接種まで~3ステップ~

   
  上図拡大用pdf: 「高齢者施設等の従事者」の予約から接種まで~3ステップ~                                          
                               
                                   (令和3年7月5日現在)
 

(2)ワクチン接種の会場等について

※1 集団接種

  • 集団接種会場については「新型コロナワクチン接種(集団接種会場)」をご確認ください。
  • 八千代市の集団接種会場は「オーエンス八千代市民ギャラリー」「保健センター」の2か所です。また、集団接種実施期間中は、オーエンス八千代市民ギャラリー及びTRC八千代中央図書館の研修・会議室が使用できなくなります。
  • オーエンス八千代市民ギャラリーでの接種にあたっては無料送迎バスを運行します。詳しくは「新型コロナワクチン接種(集団接種会場)」をご確認ください。
 

※2 個別接種

 令和3年7月21日現在で個別接種を実施する医療機関は75カ所です。なお、実施医療機関は今後変更される可能性があります。
 また、一部の医療機関(往診や透析専門など)はかかりつけの患者以外の接種を行わない場合があります。
 
市外の医療機関に通院中の場合  
 ワクチン接種は原則住民票所在地での接種となりますが、基礎疾患を持つ人で主治医の下で接種する場合は、市への申請なしに接種を受けられます。事前に主治医にご相談ください。
 

(3)接種費用について

 接種費用は無料です    
 

3.ワクチンの基本情報など電話相談窓口等

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
 受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)

コロナワクチンナビ(リンク)
 国が設置したウェブサイトで、新型コロナワクチンの接種会場を探したり、どうやって接種を受けるかなどの情報を提供しています。
 

4.ワクチンの有効性・安全性・副反応に関する情報

首相官邸 ワクチン特設ページ
 新型コロナワクチンの効果や安全性など、さまざまな情報がまとめられています。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製):pdf
 ワクチンの効果と投与方法、ワクチンを受けることができない人・注意が必要な人、接種を受けた後の注意点、副反応などについて記載されています。

ファイザー社「新型コロナワクチン コミナティを接種される方とそのご家族へ」:pdf
 新型コロナワクチンそのものや本ワクチン接種事業についてまとめられています。
 

5.新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 新型コロナウイルスワクチン接種を受けた方のうち、接種証明を行うことで入国時の防疫措置(隔離措置・PCR検査等)が免除される国に海外渡航予定のある方へ新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付を予定しています。
 詳細については、下記のリンク先をご確認ください。  

6.よくあるお問い合わせ

Q市役所や支所、保健センターで予約はできるか。 A公共施設での予約の受付はできません。
Qワクチン接種はいつまで受けることができるのか A令和4年2月末までの予定です。
Q接種前にかかりつけ医に相談が必要なのは、どのような場合か。 A 基礎疾患等があり、定期的に通院や治療を受けている人は、事前にかかりつけ医にワクチン接種の可否についてご相談ください。
Qかかりつけ医で接種できないのか。 A医療機関によっては接種を行っていない場合や受付できない場合がございます。
個別医療機関の一覧は市ホームページに掲載している他、4月28日発行の広報やちよ号外に掲載しています。
Q本人以外の予約受付は可能か。 A予約対象者の券番号があれば、代理での予約が可能です。
Q夫婦2人の予約ができるのか。 A予約受付は、電話・予約サイトどちらもIDとパスワードが必要となりますので、それぞれの予約受付となります。
Q妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができるか。 A妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。詳しくは厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。
また、産婦人科の主治医と十分にご相談ください。
Q他市区町村に住民票があるが八千代市で接種を受けられるか。 Aやむを得ない理由(入院や入所をしている、基礎疾患の治療を受けている市内の医療機関で接種する、単身赴任をしている等)がある場合は受けられます。
その場合、接種を受ける医療機関のある市区町村へ「住所地外接種届出済証」の申請をしていただく必要がありますが、理由によっては届出を省略することができます。(詳しくは市ホームページ「新型コロナワクチン接種(予約窓口)」の中に掲載されている住所地外での接種について を参照してください)
Q八千代市に住民票があるが、他市区町村で接種を受けられるか。 Aやむを得ない理由がある場合は受けられます。
上記参照
Q接種券は再発行できるか。 A再発行は可能です。
再発行の申し込みは、市コールセンター(0570-001-098)に電話またはWEB(コロナワクチンナビ)で申請するか、健康づくり課(047-483-4646)にご連絡ください。
 
Qワクチン接種に関する情報はどこでみられるか。 A最新の情報は市ホームページ、やちよ情報メール等でお知らせしていきます。
Q接種するワクチンは選べるのか。 A現在、市内の個別・集団接種できるワクチンはファイザー社製のワクチンのみです。
QWEB申し込みフォームの利用方法は。 A市ホームページで掲載しています。
Q キャンセルする時はどうするのか。 AWEB申し込みフォームからキャンセルするか、八千代市新型コロナワクチン接種コールセンター(0570-001-098)に連絡してください。
なお、医療機関で直接予約した場合は、医療機関へ連絡してください。
Q予約の確認はどうするのか。 A WEB申し込みフォームまたは八千代市新型コロナワクチン接種コールセンター(0570-001-098)でご確認いただけます。
コールセンターで予約した場合は、接種日の3~4日前に確認のお電話をいたします。
Q他市へ引っ越す予定だが、ワクチン接種はどこで受けるのか。 A転出先の市区町村で接種を受けることとなります。八千代市から接種券が発行されている場合は、お持ちの接種券を持って、転出先の市区町村で手続きを行ってください。
Q八千代市に引っ越してきた。 Aワクチンを2回接種していない場合は、接種券を発行しますので、健康づくり課で手続きをお願いします。その際、前住所地の接種券をお持ちの場合は、必ずお持ちください。
Q2回目の接種の予診票は送られてくるのか。 A市内で接種する場合、1回目の接種会場で2回目の予診票をお渡しします。
市外の医療機関で接種を受ける場合で予診票が必要となる場合は、ホームページからダウンロード( 日本語の予診票等外国語の予診票等 )していただくか、健康づくり課へご連絡ください。
   

7.これまでの取り組み

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646(健康増進班、健康支援班) ファクス: 047-482-9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.