ホーム > くらしの情報 > 医療・健康 > 感染症・食中毒 > 新型コロナウイルス感染症の自宅療養の備えについて

新型コロナウイルス感染症の自宅療養の備えについて

ページ印刷
ページID:000016886

2022年11月18日 更新

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えましょう

今冬、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が予測されています。
そのため、より多くの発熱患者が同時に生じることにより、発熱外来がひっ迫する可能性があります。
事前に出来る備えについて厚生労働省が対策をまとめましたので、ご活用ください。




出典

 

1. 抗原定性検査キット

コロナかなと思う症状ある時、症状が軽く重症化リスク(※)の低い方については、まずは自宅で抗原定性検査を行い、陽性であれば「千葉県陽性者登録センター」に登録して自宅療養をすることが出来ます。
下記のページに掲載されている国に承認された検査キットを薬局等にてご自身でご購入いただき、使用してください(厚生労働省HPにアクセスします)。


なお、重症化リスク(※)の高い方については、発熱外来を受診してください。
 
※重症化リスク

  • 65歳以上の方

  • 重症化リスク因子となる疾病等(悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、肺塞栓症、肺高血圧、気管支拡張症等)、慢性腎臓病、心血管疾患、脳血管疾患、喫煙歴、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満(BMI30以上)、臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由による免疫機能の低下 等)を有する方

  • 妊娠している方
 
参考:コロナかなと思う症状のある方(千葉県HPにアクセスします)

2. 解熱鎮痛薬

新型コロナウイルス感染症に感染し、自宅療養中に発熱した場合には、市販の解熱鎮痛薬が服用可能です。
のどの痛み、咳などの症状についても、市販薬でも症状をやわらげることができる場合があります。
用法・用量等をよく確認の上、ご使用ください。ご心配な方は購入時に薬剤師等にご相談ください。

※お子様のインフルエンザの解熱に使用する場合は、有効成分がアセトアミノフェンのみの製品を使うようにしましょう。
 

3. 食料

日持ちする5~7日分の食料や生活必需品を準備していると安心です。
すぐに実践出来る食料備蓄の具体的な実践アイディア「災害時に備えた食品ストックガイド」が農林水産省により紹介されています。
また、同ページには小さなお子さんや慢性の持病のある方など特に配慮が必要な方に知っていただきたい内容が掲載されている「要配慮者のための災害時に備えた食品ガイドブック」も紹介されています。
千葉県では、新型コロナウイルス感染症によりご自宅で療養される方のうち希望される場合には、配食サービスを行っております。しかし、感染状況によっては速やかなサービス提供が難しい場合もあります。そのため、もしもの時に備えた食料等の備蓄をお願いします。食料等の備蓄は災害時への大切な備えにもなります。

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

八千代市 健康づくり課
〒276-0042 千葉県八千代市ゆりのき台2-10
電話番号: 047-483-4646(健康増進班、健康支援班) ファクス: 047-482-9513

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.