ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の給付

国民年金の給付

ページ印刷
ページID:000003233

2022年4月1日 更新

3種類の基礎年金

 国民年金から支給される基礎年金は、加入者すべてに共通する年金で、「老齢基礎年金」、「障害基礎年金」、「遺族基礎年金」の3種類となっています。
 このほか、自営業などの人たち(第1号被保険者)の独自給付として、「寡婦年金」、「付加年金」、「死亡一時金」があります。
 一方、サラリーマンには、基礎年金のほか、それぞれの年金制度から独自の給付が上乗せ部分として支給されます。

年金の請求

 年金の給付を受けるためには、受給権の裁定を受ける必要があります。年金の請求先は、老齢(第1号被保険者)、障害(初診日が第1号被保険者)、遺族の各基礎年金単独の場合は国保年金課国民年金班へ、その他の場合は年金事務所へ請求してください。

年金の支払い

 年金は、2、4、6、8、10、12月の年6回に分け、それぞれ前月、前々月の2か月分ずつ支払われます。希望する金融機関で受け取れます。
 老齢福祉年金については、従来どおり4月、8月、12月の年3回に分けて、4か月分ずつ支払われます。

現況届

 これまで年金を受給している人の現況確認は、情報提供ネットワークシステムを活用して行っております。

 ただし、次の人は現況届の提出が必要です。
 (1)日本年金機構で保有している本人基本情報(氏名、性別、生年月日、住所)と情報提供ネットワークシステムの情報が合わず、マイナンバーを確認できない人
 (2)外国籍の人及び外国に居住している人
 (3)加給年金を受けている人(生計維持確認届)
 (4)障害基礎年金受給者で障害の状態の確認が必要な人(障害状態確認届)

 なお、提出が必要な人には、日本年金機構から書類が届きます。詳しくは「ねんきんダイヤル」(電話:0570-05-1165)へお問い合わせください。

変更届

 受取金融機関などを変更するときは、年金事務所に変更届を提出してください。
 変更届は、国保年金課国民年金班、支所、連絡所にあります。

【提出先】

  • 船橋年金事務所

   〒273-8577 船橋市市場4-16-1
   電話番号:047-424-8811

特別障害給付金

 国民年金の任意加入期間に加入していなかったため、障害基礎年金等を受給していない障害者を対象として、「特別障害給付金」が支給されます。

対象者

  1. 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生
  2. 昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった、厚生年金等に加入していた人の配偶者
    上記1または2に該当し、国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在、障害基礎年金の1・2級相当の障害の状態にある人。ただし、65歳に達する日の前日までに障害の状態に該当する人に限られます。(日本年金機構での認定が必要になります)

支給額

  • 障害基礎年金 1級に該当する人・・・月額 52,300 円
  • 障害基礎年金 2級に該当する人・・・月額 41,840 円

請求方法

 請求の窓口は市役所国保年金課国民年金班ですが、支給決定に関する事務は日本年金機構で行います。
 お問い合わせは、「ねんきんダイヤル」(電話:0570-05-1165)までお願いします。

請求に必要な書類

  1. 特別障害給付金請求書※
  2. 年金手帳または基礎年金番号通知書
  3. 障害の原因となった傷病にかかる診断書等※
  4. 病歴・就労状況等申立書※
  5. 特別障害給付金所得状況届※

 以上の他、

  • 学生だった人
    住民票または戸籍の抄本、在学証明書など
  • 厚生年金等に加入していた人の配偶者だった人
    戸籍の謄本


 ※印の用紙は、国保年金課国民年金班・年金事務所に備え付けてあります。
  その他、状況に応じて上記以外の書類が必要となる場合があります。

年金生活者支援給付金(令和元年10月から制度開始)

 年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。受け取りには、請求書のご提出が必要です。ご案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が実施します。

 対象となる方
【老齢基礎年金を受給している方】                               
 以下の要件をすべて満たしている必要があります。
 ・65歳以上である。                                                              
 ・世帯全員の市町村民税が非課税である。
 ・前年の年金収入額とその他所得額の合計が881,200円以下である。

【障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方】
   以下の要件を満たしている必要があります。
  ・前年の所得額が「4,721,000円+扶養親族の数×38万円※」以下である。
  ※扶養親族の年齢等により額が異なります。

 詳しくは、厚生労働省ホームページを確認してください。
 または、「ねんきんダイヤル」(電話:0570-05-1165)までお問い合わせください。
 

老齢基礎年金等一覧(令和4年4月分より改定)

年金の種類 年金額(年額)
老齢基礎年金 777,800円
障害基礎年金 1級 972,250円
2級   777,800円
子の加算(第2子まで) 一人につき 223,800円
子の加算(第3子以降) 一人につき 74,600円
遺族基礎年金 子のある配偶者又は子 777,800円
子の加算(第2子まで) 一人につき 223,800円
子の加算(第3子以降) 一人につき 74,600円
老齢年金(旧法) 5年年金 402,200円
障害年金(旧法) 1級 972,250円
2級 777,800円
子の加算(第2子まで) 一人につき 223,800円
子の加算(第3子以降) 一人につき 74,600円
老齢福祉年金 (旧法) 全額支給 398,500円
特別障害給付金 1級 月額 52,300円
2級 月額 41,840円

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

八千代市 国保年金課
〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5
電話番号: 047-421-6742(管理班、資格・給付班)047-421-6743(保険料班)047-421-6744(国民年金班)047-421-6745(高齢者医療班) ファクス:047-484-8824(代表)

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.