ホーム > くらしの情報 > 消防・救急 > その他 > 大規模災害対応訓練を実施しました

大規模災害対応訓練を実施しました

ページ印刷
ページID:000013691

2019年12月13日 更新

 中央消防署特別救助隊は12月上旬、解体前の旧東消防署庁舎を使用して、大規模災害対応訓練を実施しました。 
 
訓練の様子

ブリーチング訓練

 ブリーチングとは、震災などによる大規模災害発災時、内部へ進入不能な倒壊建物の壁体に破壊作業を行い、開口部を設定することです。発災時には、この開口部を使って救出活動を実施します。
横方向の壁に対しブリーチングへ行っている様子
 
床面に対しブリーチングを行っている様子
 
横方及び床面に開口部を設定し要救助者へ接触後、救出する様子

   
 年間を通じて特別救助隊は様々な訓練を実施していますが、普段使う事が少ない救助資機材を活用して訓練を実施できました。
今後もこのような訓練を行い、大規模災害発災時には迅速に活動ができるよう備え、救助活動能力を向上させていきます。
 

このページに関するお問い合わせ

八千代市 中央消防署
〒276-0046 千葉県八千代市大和田新田186
電話番号: 047-458-0119 ファクス:047-458-0119

八千代市役所

〒276-8501 千葉県八千代市大和田新田312-5

電話:047-483-1151(代表)

開庁時間:
土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.
八千代市役所
所在地

〒276-8501
千葉県八千代市大和田新田312-5

電話
047-483-1151(代表)
開庁時間

土日・祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 午前8時30分~午後5時(一部窓口及び施設を除く)

Copyright (C) YACHIYO CITY All Rights Reserved.